スーピマコットンにありがとう

まず、奈良県大和高田産のさくらコットンの栽培に成功した
タカギガーデン主任の「卒業式で花束を受け取ったみたいな笑顔」をご報告させていただきます(^^)v
おとなりはプランナーのともちん。
毎日とっても明るい2人です♪

コットン収穫

大和高田のさくらコットンの種が大きく育ちました。
今年の目標はガーデン一面をコットン畑にするとか!?(゜_゜>)

さくらコットン

 

スーピマコットンについて。
ユニ〇ロさんが、インナー生地や海外デザイナーとのコラボTシャツに採用して、日本で大きく浸透したスーピマコットン。

まず、その特徴についてお話させてください。

--------

世界で評価される3大綿花の一つ、ピマコットン(Pima Cotton)とは、
アメリカ南西部で作り出される30㎜~40㎜の長繊維コットンで、木綿繊維の一種です。
エジプト綿とアメリカ綿との異種交配によって作られ、
名前の「ピマ」は、産地であるアリゾナ州ピーマ郡、またネイティブインディアン(ピマインディアン)に敬意を表すかたちで名付けられました。

特殊な気候を必要とすることから、栽培できる場所も限られており、
普通のコットンは白い花、スーピマ・コットンは黄色い花で、通常のものより大きさも小さく少量しか取れません。
そのため、アメリカで生産されるコットンのうち「スーピマ」と名乗ることを許されるのは、わずか数パーセントとされています。

レギュラーコットン生地とピマコットン生地の違いは、強度と肌触り(柔らかさ)。
強度は、通常のコットンより40%程度強く、また色を吸収しやすい素材です。
通常のコットンとスーピマコットンの手触りを比べてみると、目隠しされてもその違いが分かるほどスーピマは繊細で柔らかいです。
レギュラーコットンに比べ毛玉ができにくく、糸が整っているため無駄な空気が入りにくいため、
生地が薄く仕上がり、製品の洗濯耐久性にも非常に優れています。

--------

 

続いて、
ボディヒンツが安価なレギュラーコットンではなく
スーピマコットンを使う理由。

1.色がキレイ

染色技術があがった今の時代に、色の違いはそんなにないのかもしれません。
しかし、「分からないこだわり」も時には大切です。

2.メーカー直販だからこそ良いものを

会社の規模が大きくなればなるほど、コスト競争の狭間で生地の原価を落とすことに…。
ボディヒンツは、老舗下着メーカー(株)タカギ直販です。
「良いものを作り手からご愛用いただける手に直接渡したい」というのがボディヒンツをオープンしたきっかけでもあります。

3.永く使える

3回洗濯したらクタッとなった(+o+)これって下着あるあるですよね?
スーピマコットン生地の下着は、3回ではクタッとなりません。
買ってすぐが一番製品の状態がいいのは「あたりまえ」ですよね。

「あたりまえ」の反対語は「ありがとう」だそうです。

だから、、、ボディヒンツはスーピマコットンの耐久性に「ありがとう」を贈ります。

 

スーピマコットンのサラッとした・・・

でもしなやかにやわらかく・・・

永く変わらずキレイな状態・・・

これって・・・

女性が憧れる素肌に似てませんか?

スーピマコットンのショーツを履いた時の気持ち良さは
ファンデーションのノリがいいときに似てるかも・・・(^^♪

ボディヒンツはこれからも女性の素肌みたいな下着作りを続けます!

 

スーピマコットンショーツとブラ

 

ボディヒンツのスーピマコットンショーツ&ブラ一覧はコチラ>>>

 

コメントを残す