ブラカップとブラパッドの違い

こんにちは!

今私は授乳中ということもあり、ボディヒンツの超立体ソフトブラの内側に母乳パッドなるもの身に着けて外出しています。

これです▼

もう2か月なのでおっぱいが漏れることはだいぶなくなったのですが、、母乳パッドって蒸れますね。。

ケミカルな紙ナプキンが肌に合わず、布ナプキンやシルクライナーを愛用している私はこれも肌に合わないようです。そこで外出が続く日は綿ガーゼの赤ちゃんのお口を拭く布を胸元に忍ばせております。赤ちゃんのものはママのものですからね。フフフ

 

ところで、この胸にあてるクッションのようなものってブラカップと呼んだり、ブラパッドと呼んだり、どう違うの?って思うことはありませんか?

ブラのパッドとカップの違いは素材にあります。

Wikipediaの中でパッドは

  • 衣服の形を整えるために使用する詰め物。
  • 医療・介護用品、生理用品として用いる、吸水性のある当て布。

とあります。ボディヒンツの下着は衣類でもありますし、衛生衣類でもありますのでどちらも当てはまります。

ブラカップに関しては

カップは「杯状のもの」の意味で、ブラの中に入れてバスト・アップするのに用いる矯正用の詰め物です。

現在はウレタンを使用した気密性の高い成型されたものが多く利用されています。

調べるとブラカップに関してははっきり区別できるのですが、ブラパッドという表現に関してはとくに胸を保護するものであればどんな形状のものでもそのように呼んでいるのが下着業界の現状かな、、と思います。

 

では具体的にボディヒンツ内でのカップ付きやパッド付きの商品を紹介していきます。

ボディヒンツではカップ付きは一般同じくウレタンを成型したソフトなあまり厚くないカップを製品に挿入し、また、不要な際は取り出すことができる仕様にしています。

【ボディヒンツで人気のカップ付きタイプインナー】

J711 シルクカップ付きキャミソール

シルクソフトカップ付きブラ

 

R059 シルクフィラメントソフトブラ(カップ付き) 

 

R051 スーピマコットン超立体ソフトブラ(カップ付き)

スーピマコットンショーツとブラ

 

また単品の200円+税で販売しているソフトカップも人気です。(一般的にパッドと呼ばれる方が多いため、商品名はパッドとなっています・・・。)

変わって、ボディヒンツのパッド付きインナーですが、こちらは風通しのよい不織布を胸の形に添うように縫製し、製品にしています。そのため、取り外すことはできませんが、風通しがいいため、お家ですこし胸を保護する用として利用いただけたらと思います。

もちろん、外出時に胸の形を整えたい場合はカップをお入れいただくことも可能な仕様になっています。

私はこのシリーズは不織布のパッドだけで十分なので(胸を整える気がない・・・)カップはよっぽどじゃないといれないです。

【ボディヒンツで人気の不織布パッド付きタイプインナー】

J745 綿100%エアリーガーゼタンクトップ

J722 綿100%エアリーガーゼキャミソール

 

R042  綿100%エアリーガーゼソフトブラ

コットンガーゼブラとショーツ

以上、カップ付きインナーとパッド付きインナーと違いを考えてみました。

また他にもなにかインナーで気になることあったらどしどしご質問くださいね。

私も一緒に勉強します!

もちこ

 

コメントを残す