下着の毛玉をなるべく作らないために

こんにちは。

9月に入り、関西もすこし涼しくなってきました。

9月半ばになると、一度はセーターに袖を通す方も多いのではないでしょうか?

また、寝るとき長袖インナーのまま寝ることも増えてきます。

そんな時季から気になるのが・・・

〖毛玉〗

今日は、毛玉がなぜできちゃうのか、探っていきたいと思います。

 

「毛玉」とは、字のごとく「毛(繊維)の玉」です。

毛玉は生地の擦れによって出現します。

天然繊維の中では、糸の長さが長いものはできにくく、

ボディヒンツ繊維でいうとシルク100%インナー

スーピマコットンインナーはできにくいです。

 

また、化学繊維は繊維長が長いのでできにくく、

テンセル(再生繊維)のショーツも加工されているのでできにくいです。

 

最も毛玉ができやすいものは、

繊維長が違うものを混紡してできた繊維です。

これは、使用していると擦れることで、短い繊維が長い繊維に落ちることなくくっつく、

それが毛玉として下着に残ります。

 

また編み方も要因の一つで、

ソフトでふっくらした編みのものほど

同じ繊維長であっても毛玉は起こりやすいです。

 

ボディヒンツの下着ですと

糸が細く非常にソフトなエアリーガーゼのコットン100%インナー

米ぬか繊維インナーが当てはまります。

 

長くご愛用いただくためにも

毛玉をつくりにくくするお洗濯方法をご紹介させていただきます。

 

1. 網目の細かいネットに入れて洗濯する

荒いものではなく、キメの細かいもので、ジップもきっちりしめてください。

 

2. ジーンズや硬い繊維の衣服と一緒に洗わない

硬い生地は柔らかい下着の生地からすると、石と洗うようなものです。

 

3. 柔軟剤を使用して、静電気を起こりにくくする

柔軟剤には、陰イオン界面活性剤がふくまれているため、静電気がおこりにくくなります。

静電気は繊維を立たせて毛玉を起こす原因になります。

 

やむなく毛玉が出来てしまったときは、

下着の毛玉は非常に細かいため、毛玉とりでは取れにくいです。

アウターではないので、気する方も少ないかもしれませんが、

スポンジの粗い方(黄色と緑のスポンジなら緑の硬い部分)で

軽く表面をなでると目立たなくなります。

※注※きつくはNG!!

 

日常生活でどうしても擦れは起こります。

毛玉を100%防ぐというのは無理かもしれません。。。

気持ちの良い下着を、できるだけ気持ちが良いままで、ご使用いただけたらと思います(^^)

 

▼綿100%エアリーガーゼソフトブラ&ショーツセット

 

次回は下着の消費期限のお話です。

コメントを残す