アトピー肌にシルクは向かない?

アトピー肌にシルクは向かない?

アトピー肌にシルクは向かない?

こんにちは!2月も半ばになりました。

平昌オリンピックで毎日盛り上がってますね。

我が家の問題児・次男くんはテレビで活躍する選手たちをうらやましそうに、ジトーっと見ながら、

「ママ、オリンピックに出たい。」

「でもぼくボール蹴るしかできへんしなー。」

 

いやー。がんばってもらいましょう!

運動神経ゼロの家系からオリンピック選手がでるか!?

夢があるっていいですね!笑

 

話が脱線しましたが、今日はアトピー肌にシルクは合わないのか?というお話です。

 

◆2月は肌のかゆみが出だす時期

2月といえば、乾燥やこれから始まる花粉や黄砂、PM2.5が原因で、肌にかゆみが出る方も多いですよね。

私もそのタイプです。

春が好きだ~っていう方がうらやましい。。

 

ところで、敏感肌にはシルクやコットンの下着をおすすめする皮膚科の先生も多いと

ボディヒンツのサイト内でもお知らせしてきたのですが、

シルク素材は日本アトピー協会の推薦がありません。

 

なぜでしょう???

 

◆シルクは動物性の繊維

蚕の繭玉

実は、シルクという動物性(タンパク)繊維の問題なんです。

ひとことで天然繊維と言っても、主には動物性と植物性の繊維があります。

絹は蚕の繭からとれる繊維ですので動物性繊維なんです。

 

◆動物性繊維にアレルギーのある方も…

シルクに詳しい方はよくご存じだとおもいますが、

シルク繊維は「フィブロイン」と外側を包み込む「セリシン」の2種類のアミノ酸(タンパク質)で構成されています。

 

シルクを構成している18種のアミノ酸が、敏感肌の方も安心で低刺激で肌にやさしく、皮膚細胞を活性化し、

着ているだけでしっとりとした美肌効果を感じることができるのですが、

この成分が、一部の方にアレルギー症状として発症してしまう場合があります。

 

つまり、「シルク繊維はすべての方に肌トラブルが起こらない」とは言いきれないため、日本アトピー協会から推薦は頂けないんですね。

 

◆アレルギーのない方には効果抜群♪

ただし、ボディヒンツのお客様からのレビューにもたくさんあるように、

シルク繊維が肌に合う方は非常に多く、美肌効果や冷え取り効果を感じる方も多く、

すべて下着をシルクに変える方もいらっしゃるほど大人気の素材です。

 

ぜひボディヒンツ・シルク下着のレビューもご参考に♪

 

また、シルクパウダーという敏感肌向けの女性に人気の化粧下地も同じように、

シルクのタンパク質にアレルギー症状のある方には不向きです。

ぜひご参考にいただけたら。

 

▼人気No.1の「シルク100%モールドブラ

モールドカップでバストを上げてお出かけしましょ♪

シルクモールドブラ ボディヒンツ

 

◆シルクアレルギーでも安心!シルク以外の下着はコチラ

▼日本アトピー協会推薦!米ぬか繊維の下着肌着

米ぬかインナー

 

 

▼日本アトピー協会推薦!スーピマコットン100%のニットガーゼ下着肌着

コットンガーゼブラとショーツ