ショーツのサイズ選びのヒント

ショーツのサイズ選びのヒント

こんにちは!突然ですがいま履いているショーツのサイズはあなたにピッタリですか?

サイズの合っていないショーツを履き続けていると、お尻の形が崩れて「段」ができたり、パンツの線がかゆい、かぶれるなど様々な問題の原因になります。

でも自分ではピッタリだと思っていても実際にはサイズが合っていない場合も…お店でブラジャーのフィッティングをしてもらったら普段着けてるサイズと全然違った、なんて話もよく聞きますが、ショーツも同じなんです。

じゃあどうやって選んだらいいの?というわけで、今回はショーツのサイズの選び方に役立つお話です。

◆MとLは、上下左右1㎝~2㎝ほどのサイズ差

MサイズとLサイズ

着用前のパターンの変化は生地の伸度によって大小がありますが、МサイズとLサイズでは、上下左右1㎝~2㎝ほどの差があります。

たった1cm~2cmの差のように思うかもしれませんが、この差が重要なんです!

ボディヒンツでは、ヒトの体の動きに一番快適であるよう生地が選択され、それぞれのパターン設計で開発された「機能性ショーツ」を取り扱っています。

でもサイズ選びを誤るとせっかくの機能性ショーツの良さが生かされず、窮屈に感じたり、ずり上がったり、ということが起こります。

◆MサイズとLサイズの着用時の比較写真

補正下着サイズ比較

特許取得Wサポート補正下着

同じモデルさんで、着用比較をしてみましたが、Mサイズはご覧のとおり窮屈な感じに。お腹やお尻にパンツラインが食い込んだり、裾がずり上がっているのがわかりますね。

これを無視してMサイズを履き続けると、同じ箇所がずっと刺激されて黒ずみやかぶれの原因にもなってしまいます。

◆ショーツはショーツでサイズ選びするのがベスト

洋服を選ぶとき、トップスはMなのにボトムはLサイズ。なんて人は意外と多いんじゃないでしょうか?

その主な理由は・・・

  • 腰やお尻など下半身太りしてるから
  • 太腿が張っているから
  • 動かす事の多い脚やおしり部分が窮屈なのが嫌だから

などなど…

このテクニック(?)、実はショーツにも応用可能なんです。

トップスのサイズやズボンのサイズにこだわらず、ショーツはショーツでサイズ選びすることが大切です★

「自分の服のサイズ」という先入観を捨ててピッタリなショーツのサイズを探してください。

◆ショーツ選びのポイントは外見から

判断基準は

  • 食い込まない
  • パンツの線の跡がつかない(付いても脱げばすぐ消える)
  • 裾がずり上がってお尻が二段にならない

など!履き心地だと多少きつくても慣れてしまっていてわかりづらいので、見た目で判断するのが良いですよ。

スマホで撮影して見た方が鏡で見るよりわかりやすいかもしれません。ぜひお試しあれ♪

◆サニタリーショーツはワンサイズ大きめがベター

他にもサニタリーショーツの場合は、ワンサイズ大きいものを選ぶのもおすすめです。

ボディヒンツのサニタリーショーツは、フィット性の高い伸縮生地を使用しているので、ワンサイズ大きくても隙間ができるということはなく、ブルーデーのイヤな窮屈感から解放されるかもしれません。

以上、ショーツ選びのご参考に。。。

▼ボディヒンツのショーツはコチラ