ショーツのサイズ選びのヒント

ショーツのサイズ選びのヒント

こんにちわ!突然ですがいま履いているショーツのサイズはあなたにピッタリですか?

サイズの合っていないショーツを履き続けていると、お尻の形が崩れて「段」ができたり、パンツの線がかゆい、かぶれるなど様々な問題の原因になります。

今回はショーツのサイズ選びに役立つお話です。

 

◆MとLは、上下左右1㎝~2㎝ほどのサイズ差

ボディヒンツは、さまざまな「機能性ショーツ」を扱っているのですが、これらはヒトの体の動きに一番快適であるよう生地が選択され、それぞれのパターン設計で開発されています。

——————————
サニタリーショーツ
ずり上がらない超立体ショーツ
リラックスショーツ
ヒップアップショーツ(補正下着)

——————————

でも、ぶっちゃけサイズは、お客さま個人に選んでいただくもの

サイズ選びを誤ると、窮屈に感じたり、ずり上がったり、ということも起こります。
MサイズとLサイズ
着用前のパターンの変化は、生地の伸度によって大小はありますが、МサイズとLサイズでは、上下左右1㎝~2㎝ほどの差があります。たった1cm~2cmの差のように思うかもしれませんが、この差が重要なんです。

◆洋服のサイズが上下で違う方に

洋服を選ぶとき、トップスはなのにボトムはサイズ。なんて人は意外と多いんじゃないでしょうか?

その主な理由は・・・

  1. 腰やお尻など下半身太りしてるから。
  2. 太腿が張っているから。
  3. 動かす事の多い脚やおしり部分が窮屈なのが嫌だから。

このテクニック(?)、実はショーツにも応用可能なんです。

トップスのサイズにこだわらず、ショーツはショーツでサイズ選びすることが大切です。

 

◆MサイズとLサイズの着用時の比較写真

同じモデルさんで、着用比較もしてみました。

補正下着サイズ比較

特許取得Wサポート補正下着

ゆったりしたつくりの「テンセルショーツ」や「綿100%ショーツ」では、
ここまでの変化は見られず「少しゆとりが出たかな~」程度ですが、ヒップアップショーツは、「モモはりさん」にとって、屈伸してもずり上がったり、お腹やお尻のお肉がはみ出ることが少ない、快適なショーツになるといえますね。

着用感に関しては、比較協力してくれたモデルさんによると
「Мの方が、多少はきつく感じるが、さほど大差無いように感じる。」とのことです。
個人差がありますのでご参考までに。。。

 

◆サニタリーショーツはワンサイズ大きめがベター

他にも、サニタリーショーツは、ワンサイズ大きいものを選ぶのもおすすめです。
ボディヒンツのサニタリーショーツは、フィット性の高い伸縮生地を使用しているので、ワンサイズ大きくても隙間ができるということはなく、ブルーデーのイヤな窮屈感から解放されるかもしれません。

以上、ショーツ選びのご参考に。。。

コメントを残す