温活『ホクホク!サニタリーショーツ』の販売プロジェクトを開始

温活『ホクホク!サニタリーショーツ』の販売プロジェクトを開始

ボディヒンツの運営元である株式会社タカギは、温活サニタリショーツ『ホクホク!サニタリーショーツ』の販売プロジェクトを、2020年2月5日(水)よりクラウドファンディングサイト「MAKUAKE(マクアケ)」にて開始いたします。

『ホクホク!サニタリーショーツ』で始める楽ちん温活サポート
URL:https://www.makuake.com/project/takagi/

ホクホクプロジェクト

■『ホクホク!サニタリーショーツ』とは
サニタリーショーツの下腹部と腰部に植物性炭素繊維(メディカーボン®)のパッドを配置。メディカーボン®の遠赤外線効果で体を温め、生理時の冷えからくるつらさを和らげるショーツを開発しました。

ホクホク詳細1ホクホク詳細2ホクホク詳細3

メディカーボン®は特殊な植物性炭素繊維素材の使用により、電気や磁気を使わず温熱治療が可能な「一般医療機器」を取得した注目の素材です。
温熱治療には、血行促進・痛みの緩和・疲労回復などがあげられます。また炭の消臭・抗菌効果も期待できます。

ショーツはボディヒンツの「超立体ショーツ」パターンを採用。
立体パターンで「ずり上がらない・くい込まない」はき心地を重視した一番人気のショーツです。表地素材は最高級の品質を誇るスーピマコットン(綿)のストレッチ素材で身体にやさしくフィットします。ゴムを使用していないので締めつけ感なく血流を妨げません。
また、生理用ショーツの機能も充実。クロッチ部分はナプキンの羽が挟める二重マチ仕様のうえ、綿混の日本製高透湿防水布使用で経血の漏れを防ぎながら通気性抜群で不快感がありません。

サニタリーショーツとメディカーボン®の融合により体を芯から温め、生理のつらさから女性を解放します。はき心地”楽ちん”でありながら、”温活”もかなえる”サポート”サニタリーショーツです。

■創業 90 年「タカギ」とサニタリーショーツ
1930年に奈良県今井町にて創業した株式会社タカギ(創業時:髙木莫大小株式会社)はメリヤス肌着の製造・販売を開始。
1960年に現在の生理用品のルーツとなる月経帯や生理帯を法人企業として製造・販売を開始しました。
1986年にはサニタリショーツを発売するなど、女性に寄りそった製品づくりで歴代の生理用品と歩んでまいりました。
生理用品の機能性が向上し進化したことは、女性の社会進出を担ったとも言われています。

また、月経への理解促進にむけて2018年より「HAPPPY PROJECT」を立ち上げ小学校を周り初経教育のサポートを行うなどCSR 活動を開始。

“月経”と”自分の身体”を大切にし、前向きにとらえる時間と考えてほしいという想いから
Peaceful(平和的)
Precious(貴重)
Period(生理)の頭文字
3つのPが含まれた『HAPPPY』をプロジェクト名に使用しています。
老舗レディースインナーのメーカーとしてサニタリーショーツの開発・改良を進めてきた経験を『月経教育支援』で社会貢献しています。

2020年現在、おかげさまで株式会社タカギはサニタリーショーツ 日本国内流通量トップクラスのメーカーとなりました。創業90年の節目となる年に『ホクホク!サニタリーショーツ』をお届けします。

■クラウドファンディングの支援方法
2020年2月5日受付開始
2020年3月4日までに支払いを完了した時点で、支援が成立します。
詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.makuake.com/project/takagi/

クラウドファンディングでのご支援をもとに
ボディヒンツでの販売を予定しております。
どうぞ皆さまの温かいご支援よろしくお願いいたします。