夏の脇汗の原因と対策方法とは?

夏の脇汗の原因と対策方法とは?

汗をかく暑い季節になると、特に気になる脇の汗ジミやニオイ。
他人の目が気になり腕を上げられず、電車のつり革がつかめない状況は脇汗あるあるですよね。
服選びに困ってしまうことも多く、お気に入りの服を着ていても汗ジミが目立ってしまい台無しに…なんて経験がある方も。
体質や生理的なものだから仕方ないと、オシャレをあきらめていませんか。
今回は、夏でも汗ジミが気にせずオシャレできるように、脇汗の原因や対策をご紹介します!

脇汗のよくあるお悩み

止めたいのに止まらない、ひどい脇汗。
誰もが気になる脇汗の季節のよくあるお悩み。

・脇汗のニオイが気になる。
・汗ジミが目立って気になるようになった。
・汗で服が貼り付くのが恥ずかしい。
・お気に入りの洋服に黄ばみが残ってしまった。

などなど。汗による「ニオイ」や「汗ジミ」で悩まれている方が多い現状です。
人に言えない汗のお悩み、しっかり解決していきましょう!

脇汗悩み

脇汗の原因って?

ワキには汗腺が多いため、暑さを感じると汗をかき、これを「温熱性発汗」と言います。
汗をかくこと事態は、体温を調整するためにも必要なことですが、
ストレスや緊張状態などを脳が感じることでも汗をかいたりする方もいらっしゃいます。
特にこもりやすい脇は蒸発しにくいので、汗を多くかいていると感じ、
自分の体臭や服のシミを気にして不安になってしまい、汗をかく方も多いのではないでしょうか。
このような緊張などを感じたときの「精神性発汗」の場合も脇汗には多いケースです。

明らかな原因も無く、生活に支障がでる程に汗の量が多い場合は、
脇の多汗症の可能性もあるので、一度皮膚科などで相談してみましょう。

脇汗対策の方法とは?

今年の夏は脇汗を気にせず、オシャレを楽しみたい!
汗の量やライフスタイルに合わせて、自分に合っているものを選んで対策していきましょう!

1.制汗剤を使う

制汗剤には定番のスプレータイプや、肌に塗り込むロールオンタイプやスティックタイプなど、さまざまな種類があります。
持ち運びにも便利なコンパクトなものも多く、外出時でもササッと塗って手軽で使いやすい。
他にも、汗を抑える効果のあるものや消臭殺菌効果のあるものなど、お悩みに合わせて選べるのもポイントです。
ただ、制汗剤の量を増やすと肌トラブルや臭いの原因になる場合もあるので注意が必要です。

2.脇パッド/脇シートを使う

ペタッと貼り付けるだけで使える脇パッドは使い勝手も良く、簡単に脇汗対策ができます。
服やわきに直接貼りつけて汗を吸収し、肌ざわりも良く長時間使っていても不快感なく使えるものがほとんど。
使い捨てタイプや洗濯して繰り返し使えるものもあり、生活スタイルに合わせてお使いいただけます。
着る服の色や裏地の色によってパッドの色やサイズも選ぶことができるので、洋服の黄ばみの予防にも最適です。

3.汗取りインナーの着用

吸汗性・速乾性に優れたインナーは着ているだけで、汗を吸い取り汗ジミ予防になります。
半袖タイプや汗取りパッド付インナーを選ぶことで脇汗対策に有効です。

汗ジミ対策だけでなく、外でかいた汗がエアコンの風で冷やされて汗が乾くことで起こる
「汗冷え」も速乾性に優れたインナーを着ることで、汗をかいてもすぐに乾燥するので防ぐことができます。
汗取りインナーは身体の体温調節機能をサポートするので、暑い夏でも着用するのがおすすめです。

 

汗対策におすすめインナー紹介

着心地も良く、肌にやさしい天然繊維シルク。
軽くて薄い素材でありながら吸湿性・放湿性が高いシルク素材は夏の汗取りインナーに最適です。
さらに天然のUVカット機能で紫外線から守ってくれます。

脇パッド付フレンチ袖のシルクインナー

人気の汗取りパッド付きタイプ。しっかり脇の汗ジミを防いでくれます。
体にぴったりフィットして着心地も良く、アウターにもひびきにくいデザイン。

シルクインナー脇汗パッド付

 

他のシルクの汗とりインナー

   

汗対策ついて、さらに詳しく知りたい方は下記の記事もチェックしてみてださいね。
『イヤ~な足汗・足冷えの原因と対策』
『汗とりガーゼインナーでさらっと快適』
『汗をかく季節に要注意 ~肌トラブル改善講座Vol.2~』

人それぞれ体質や生活スタイル、服によっても変わってしまう脇汗対策方法。
自分に合う対策をしっかり行っていきましょう!