アトピー肌の私が皮膚科へ駆け込むタイミング

アトピー肌の私が皮膚科へ駆け込むタイミング

みなさま新年あけて体調(肌調)いかがですか?

雨が降らない日が続くと聞こえてくるのは・・・乾燥・・・・手足の冷え・・・。

私も新年早々1年半ぶりに皮膚科へ駆け込みました。。

私は免疫系の疾患があって、その疾患が改善しつつあるのですが、(これ奇跡に近いです・・。)今年の冬はその免疫攻撃が皮膚に移ったようで下着を着ずにキルトのパジャマを着用したり、ウールのセーターを直に着たりとそんな日々を忙しい毎日の中でしていたので肌に負荷を与えすぎたようです。。反省。。

痒みの発生はバリア機能の低下がきっかけになります。
一度そのバリアが壊されると痒みの悪循環がはじまります。肌の悩みを抱える方にとっては痒みの悪循環は当たり前の話かもしれませんね・・・。

肌バリアが壊される要因

【外的要因】
・紫外線・乾燥・大気中の汚染物質や花粉 ・・・
【内的要因】
・ストレス・食事内容・睡眠・腸内環境・・・

ストレスという言葉を見るだけでもいや~な気持ちになるアラフォーです。ストレスをどうにかするのはかなりの見えない力が必要ですね・・・。その他、乾燥も加湿や保湿の量を増やす必要があります。加湿保湿をしてよく寝て、旬の食べ物から油分・鉄分・ビタミンを十分にとる。これがポイントですね。
腸内環境の改善には繊維質の食べ物をとる・ファスティングというプチ断食をしてみる。

私の皮膚科へ駆け込むタイミング

肌バリアが壊れているなって感じるときはどんな時ですか?

ちょっとした髪のこすれや、いつもは気にならない繊維こすれが気になったり、衣類の縫製糸が気になったり・・。

私は乾燥時期はお風呂の時に暖かいお湯に触れたときに痒みを感じることが多いのですが、その痒みが同じ程度で3日以上つづいたらバリア崩壊を感じます。

そんな時が皮膚科へ駆け込むタイミングだと思っています。忙しいとなかなかそのタイミングを見逃しがちなので・・・自分の肌と話する時間をお風呂の時間くらい持てたらいいんですがね。。

自分の肌と話する時間

先ほども肌バリアを保つための食生活の話を少しさせていただいたのですが、バリア崩壊にさせないことが一番です。肌バリアを保護する予防が必要になってきます。
虫歯にならないための予防歯科のような予防皮膚科(家)といいましょうか?

私は医学の知識もなく、ただ長く患っている患者にしか過ぎないのですが、予防知識は是非同じ悩みのみなさんと共有したいと思います。

予防 としては、自分の肌と話する時間 をもっともっと持つ。子供を言い訳にしない。家事を言い訳にしない。

昔中学時代にとてもきれいな髪の友達がいました。どうやってくせ毛だったのにそんなにきれいになったの?って聞くと彼女は


“ 特に何もしていないけど、 髪の毛がきれいになりたいとおもってブラッシングするようになっただけ”


と言っていました。
皮膚も髪も爪も同じケラチンというたんぱく成分です。


“ 肌がきれいになりたいとおもって毎日きにかけてるだけ”

肌もこれで大きく変わるものだと思っています。

今思うと私のアトピーは場所によっては重度だったと思います。


“ 大人になったら化粧できなくなるの嫌でしょ? ”

小学生ながらに男の先生に言われたのはすっごく嫌でした。でも、肌のケアの方法を知らない家族の元で育ったので改善は大人になってから、予防皮膚の付き合い方を知ってからでした。


“ 毎日の保湿が子どもの肌を強くする。”

そう聞いてから私は子供にも保湿は欠かせません。

ぜひ、自分の肌と話する時間をもってください。ぜひこうなったら肌の警告だな、、という基準をご自身で持ってください。

肌のかゆみが続いたとき慢性化は一番NGです。すぐに皮膚科へ駆け込んでください。ステロイドがよくないという声も聞きますが、痒みはストレスの悪循環につながります。

何よりも、肌あれ予防をわすれずに!この時期は温泉やサウナで汗をしっかりかくのもいいですよね。

+もちこ+

ボディヒンツの予防皮膚につながる保湿インナーや肌にやさしいインナー・石鹸はこちらから▼

やさ肌石鹸

ボディヒンツオリジナル

やさ肌™石鹸

ボディヒンツのアトピー協会推薦商品はこちら

ボディヒンツの綿100%インナーや米ぬかインナー

アトピー協会推薦品はこちらから