シルクで夏の冷え対策

シルクで夏の冷え対策

とにかく暑い夏は、涼しいクーラーの効いた部屋で過ごすことも多くなりますよね。
現代では冷房の効きすぎによって、身体を冷やし過ぎてしまい冷房冷えに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
一般的に男性よりも女性の方が筋肉が少なく脂肪が多いため、女性に冷え性の人が多いと言われています。
カーディガンの肩掛けやカイロやゆたんぽなど、様々なあたためグッズを活用して冷え対策を工夫されている方も居るという夏の冷房問題。

今回はそんな夏の冷房対策についてのお話です。

夏は冬より冷えやすいってホント?


夏は外が暑いため薄着で過ごし、室内に入るとエアコンの冷気が寒く感じることありませんか?
外の炎天下から戻り、汗をかいた状態で冷気にあたり汗冷えすることで、さらに身体を冷やし過ぎてしまうことも。
さらに冷たい食べ物や飲み物の取りすぎは、内臓が一気に冷やされて身体の芯まで冷えてしまいます。
暑さを遠ざけるばかりに、このような夏の冷えが引き起こされてしまうのです。

冷えは万病の元。身体の冷えによって便秘や肩こり、不眠や疲労感の症状が現れるだけでなく免疫力も低下してしまいます。
自立神経やホルモンバランスの働きも乱れ、生理不順や肌荒れなどの身体に様々な影響を与えます。

寒いから身体を温めるという対策ができる冬と違って、夏は自覚症状が無く「隠れ冷え性」とも言われ近年増えています。
無自覚な為、放っておくとますます冷えが悪化して体調不良や病気の原因になってしまいます。
隠れ冷え度をチェックして自分の身体の状態を確認してみましょう。

□ 薄着で過ごすことが多い □ 運動不足である
□ 顔がほてりやすい □ 足がむくみやすい
□ 肩がこりやすい □ 太りやすい
□ 目が疲れやすい □ お風呂はシャワーだけの日が多い
□ ストレスを感じている □ お腹を触ると冷たい
□ 身体がだるい □ 下痢や便秘をよくする

チェックが多かった方は、夏の隠れ冷え性予備軍といえます。
冷えは身体の異常からメンタル面まで影響を及ぼしてしまいます。今は自覚症状がなくても、身体を冷やさないように心がけましょう。

シルクで出来る冷え対策グッズ


話題の冷えとり健康法や温活に欠かせない、肌にやさしい天然繊維シルク。
シルク特有の優しい温かさは夏の冷房冷え対策にもおすすめなんです。

軽くて薄い素材でありながら吸湿性・放湿性が高いシルク素材は、夏でも快適に着用できます。
夏は涼しく冬は暖かいので、一年中快適に着ることができますよ◎

 

【インナー肌着】

シルクタンクトップ シルクキャミソール
シルク半袖 シルク半袖

職種や職場によっては制服や服装が決まっている場合もあり、冷えが起こりやすくなる状況に。
ストールやジャケット・パーカーなど、羽織ものは厚手で荷物になってかさばり、首回りを温めるスカーフはその日のファッションに合わせないといけないから大変だったり。
そんな場合は、外から見えないインナー肌着は夏場にも着やすく汗対策にも最適です。
特に薄いシルク素材の肌着は、ごわごわすることもないので身に着けてもゆったりと過ごすことが出来ます。

 

【腹巻】

シルク腹巻 シルク腹巻

夏に腹巻き?と驚かれる方もいらっしゃるかと思いますが、冷え対策にはお腹や腰まわりを温めることも大切です。
特に保温力が高く通気性にも優れているシルクの腹巻は、1枚で年中使えるのでおすすめ。

 

【レギンスボトム・レッグウォーマー】

シルクレギンス シルク5分丈ボトム
シルクレッグウォーマー シルクレッグウォーマー

特に気を付けたいのは、冷えをもっとも感じやすいのは足先であるということ。
エアコンの冷気は床近くにたまりやすく、足先は心臓から遠いため血液の流れが悪くなりやすいのが原因です。
オフィスでは定番のひざ掛けやブランケット使用したり。足元の冷えとりには靴下やレッグウォーマーも欠かせません。
寒さを感じた時にさっと履けるからコンパクトでラクチン。足首までしっかりと温めることができます。
ボディヒンツのレッグウォーマーのショート丈なら、腕を温めるアームウォーマーにもなります。

 

【靴下】

シルク靴下 シルク靴下

「頭寒足熱」という言葉があるように、足元を温めることは健康に良く冷えにも効果があります。
シルク特有の高い吸放湿性でイヤな足の汗を吸収し、ムレにくくするので暑い夏でも毎日心地よく履くことができます。

シルクアイテム商品一覧

シルクアイテムで今年の夏は冷房負けせずに快適に乗り切りましょう♪

 

「シルクの下着が欲しいけど、たくさんあってどれを選べばいいかわからない…」とお困りの方に。
ご要望に応じたアイテムを見つけやすいようガイドを作りました。

シルク選び方ガイド