更年期症状【ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ・発汗)】の原因と対策をご紹介!

更年期症状【ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ・発汗)】の原因と対策をご紹介!

40代になって体や心の不調が気になる、いわゆる「更年期障害」にお悩みの方が増えます。

本日は、更年期の中でも特にお悩みの方が多い症状。暑くないのに汗が止まらなくなったり、急なほてりやのぼせが起こる「ホットフラッシュ」についてご紹介します。

更年期とは

女性は年齢を重ねるとともに、思春期・性成熟期・更年期・老年期の4つのライフステージを経験します。個人差はありますが、50歳前後の年齢で閉経を迎え、この閉経の時期をはさんだ前後10年間(一般的に45~55歳頃)を「更年期」といいます。

更年期の症状・原因とは?

発汗、のぼせ(ほてり)、肩こり、疲労感、頭痛、腰痛、関節痛、不眠、動悸、不安、イライラ、めまい、皮膚のかゆみ、吐き気、胃もたれ、便秘、下痢、尿失禁など。

発汗、のぼせ(ほてり)、肩こり、疲労感、頭痛、腰痛、関節痛、不眠、動悸、不安、イライラ、めまい、皮膚のかゆみ、吐き気、胃もたれ、便秘、下痢、尿失禁など。

加齢とともに卵巣の機能が低下し、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減少することでホルモンのバランスが崩れ、心身にさまざまな不調があらわれます。

女性ホルモン(エストロゲン)

原因がはっきりわからないけれど、なんとなく体調が悪い状態、「不定愁訴(ふていしゅうそ)」も更年期の症状になります。
仕事や家庭環境など心理的ストレスが要因になる場合もあるため、症状に個人差が大きいのも特徴です。

ホットフラッシュとは?

血管調節能障害に伴う、顔のほてりやのぼせ、発汗が起こる、更年期障害の代表的な症状です。血管運動神経症状と呼ばれるもので、前触れなく症状があらわれ、数分~30分程度でおさまります。

・気温や室温に関係なく、急に汗が出る(顔や体がほてる)
・暑くて汗をかいているのに手足が冷える
・突然激しい動悸がする
・就寝中大量に汗をかく

1日に何度も起こる場合もあれば、週に何回かだけの場合もあり、頻度は人それぞれです。

ホットフラッシュ

ホットフラッシュを予防するには?

ストレスを減らす

更年期障害の症状に関係する自律神経は、ストレスの影響を大きく受けます。日々のストレスをため込まず、睡眠や休息をしっかりとることが大切です。

冷えを防ぐ

ホットフラッシュは、顔がのぼせたり、上半身はほてりを感じますが、腰や足は冷えていることが多いです。上半身の熱さに気をとられて下半身の冷えを放置すると、体調を悪化させてしまうことがあります。ほてりがあっても足腰を冷やさないよう注意しましょう。

足冷え対策に効果的な靴下

ひえとり靴下 シルクとメリノウール靴下

適度な運動

有酸素運動をおこなうことで、血流障害が緩和され、ホットフラッシュの頻度や程度を軽減できることがあります。息が弾んで汗ばむくらいを目安に、1回30分程度がおすすめ。ウォーキング、サイクリング、キックボクシングなど、できる範囲で実践してみましょう。

適度な運動

アルコール、カフェイン、刺激物の摂取を減らす

アルコールやカフェイン、辛い食べ物を摂取すると、交感神経が刺激され体温上昇や血流増加によって、ホットフラッシュの引き金になる可能性があるといわれています。これらを摂取したときに症状が悪化する方は、摂取量を減らしてみましょう。

ホットフラッシュの対策とは?

病院でホルモン治療を受ける

ホットフラッシュの症状は、ホルモン補充療法によってエストロゲンを補う治療が可能です。薬は、飲み薬だけでなく、貼り薬やジェル剤などがあり、ご自身に合った処方を選択できます。
副作用のリスクもあるため、事前検査や定期健診など医師にしっかり相談し検討しましょう。

漢方薬を飲む

漢方では、身体をめぐる気・血・水という3つの要素が健康を保っているという考え方を基本にしています。気・血・水の不調から更年期障害の症状が生じているとされています。
漢方薬を取り扱っている病院で、体質や東洋医学的診察と合わせて処方してもらえます。

漢方薬を飲む

ホットフラッシュ対策に効果的な下着インナー

ホットフラッシュの予防や治療をしていても、ホットフラッシュが起こってしまうことがあります。
そんな時でも、暑くなり過ぎない、汗冷えしにくい天然素材の下着インナーなら、やさしく体温調節をサポートしてくれます。

ふわっふわ綿100%ガーゼのインナー

綿100%ガーゼ カップつきタンクトップ コットンガーゼインナー

オールシーズン調湿シルク100%のインナー

シルクブラトップ シルク100%フライスカップつき半袖インナー

急な発汗でも焦らない汗対策グッズ

サラっとシルク×ふわっふわコットンガーゼ リバーシブル汗とりちゃんパッド 汗とりインナーベスト

まとめ

ホルモンバランスの変化や自律神経の乱れによって起こる「ホットフラッシュ」の症状は千差万別。
更年期だから仕方ない、そのうち治るかな…と思っていても、実は大きな病気の前兆の場合もあります。

心身ともに健康で充実した日々を過ごすためにも、できることからホットフラッシュ対策を実践してみましょう。