1本の糸がインナーになるまで…(株)コメチウ編

1本の糸がインナーになるまで…(株)コメチウ編

先日、生地の編立工場にいってきました!
ボディヒンツの商品にもある「シルク」や「米ぬかガーゼ」を編んでくださっている【(株)コメチウ】さま。

コメチウ 編み立て工場

新入社員の私にとっては、初めての編立工場。
そこで感じたこと、学んだことについて、お話ししたいと思います。

コメチウ工場入口

今着ている服も、身につけている下着も、もともとは1本の”糸”だった

デリケートなお肌をいつも心地好くつつみこんでくれるインナーですが、実はインナー自身もとってもデリケート。
なぜならインナーは、生地になる前の”糸”のときから、とても繊細でデリケートだからです。

工場にやって来た糸は、時に、巻きなおしや、ニスのコーティングをしたりして、綺麗なコンディションに整えられ、そこからやっと編み機で生地になっていくことができます。
糸のときから、こうしてこだわりが込められているんですね…。

巻きなおしやニスのコーティング

その糸はゆっくりと回転する編み機にセットした何千本もの針でつづられていきます。
そして、やがて生地となり、裁断や縫製など沢山の工程を踏んではじめて服や下着になるのです。

デリケートな糸も、こうして一歩一歩段階を踏み、はじめて私たちのお肌を守る逞しいインナーとしてデビューする訳ですね!

1本の糸が生地になるまで過ごす場所

編み立工場の中には、沢山の編み機が堂々とたたずんでいます。

回転する編み機

工場の扉をあけた途端、まるで別世界に来たかのように感じました。

上質な糸のコーン

頭上には上質な糸のコーンが並び、

働きものの針たち

糸の繋がる先では、働きものの針たちが無数にいて、足元の方では編まれた糸がクルクルとまわって、まるで踊っているかのように見えます。

編まれた糸がクルクル

編みあがっていく生地がライトアップされていて、操り人形の舞踏会にお邪魔している気分でした!

社長

沢山種類のある編み機を、ひとつひとつご紹介してくださる社長。
編み機にも、それぞれ特徴があり、機械とはいえ、編立工場のいち職人さんとして大切にされているんだなあと感じました。

針の数

この沢山の針の数や並ぶ位置など、1本1本手作業で変えることで、できあがる生地の編み目を調節しているそうです。

生地の編み目を調節

機械だからといって勝手に仕上がるわけではなく、人の手があってこそ、完成できる…なんだか素敵ですよね。

生地の編み目を調節

編立工場で1本の糸がこだわりの詰まった生地となっていくように、私も沢山の時間を大切に重ねていきたいです。

一本の糸がこだわりの詰まった生地
そしていつかお肌をやさしく包み込むインナーのような逞しい女性になっていきたいです!

一本の糸がこだわりの詰まった生地

コメチウさまで編み立てた生地でつくった、やさしいインナー

シルク100%フライス編みシリーズ

シルクフライス

シルクフライスショーツ シルク半袖
シルクのブラトップ シルク10分丈レギンス

米ぬかガーゼシリーズ

米ぬかガーゼ

米ぬかボトム 米ぬかエアリーガーゼ
米ぬかガーゼ 米ぬかガーゼルームウェア