ひざ裏のアトピー、あせも対策には綿100%、シルク100%天然繊維のレギンスを

ひざ裏のアトピー、あせも対策には綿100%、シルク100%天然繊維のレギンスを

こんにちは。夏の時期にかぶれやすい部位と言えば膝の裏ですね。

子供の頃はよく汗疹(あせも)ができて、ベビーパウダーを塗ってもらっていました。

またアトピーが出やすい場所でもあります。成長するにつれてアトピーは主に上半身に出るようになるのですが、大人でも夏場だけは膝の裏にアトピーが出るという人が多いようです。

そこで今日は、綿100%やシルク100%の天然繊維のレギンスで膝の裏をガードしよう!というお話です。

ちなみに膝の裏は『膕(ひかがみ)』と言うそうです。(´・∀・`)ヘー

膝の裏のアトピー、かぶれ

まずは2018年のレギンス事情を

約10年ちょっと前に大流行し、そして廃れていったレギンス。いつの間にか「いまだにレギンスを履いているのはダサい」という風潮にもなっていました。

しかし実は今年2018年春から、レギンス人気がまた再燃しているんです。

でも10年前とは違って、ゆったりしたタイプのレギンスを、長めのワンピースやスカートの下に履くのが今の流行りみたいです。

レギンスの今昔比較表

2018年 約10年前
10分丈でゆったり 7分丈や膝下丈でピッチリ
素材 コットン、シルクなどの天然繊維 タイツのような化学繊維
白、ベージュ、グレーなど 主に黒
服装 ロングスカート、ロングワンピース ミニスカート、ショートパンツ

膝の裏がかぶれやすい原因は?

夏場に肌がかぶれる原因の多くは汗によるものです。汗をかいて湿ったままの皮膚は雑菌が繁殖しやすく、汗疹や湿疹の原因になります。アトピーの症状も悪化しやすくなります。

膝の裏は汗腺の数自体が特別多いわけではないのですが、膝を曲げて座っているだけでも皮膚同士が密着するため、そういった意味で汗をかきやすい部位なんです。

また皮膚が薄いため、痒いからと掻いてしまうと更にかぶれてしまいます。

膝の裏のかぶれ対策には乾燥が重要

膝の裏のかぶれ防止にはどうすればいいのか?それには、しっかり乾燥させることが重要です。

汗をかいて湿ったままだと雑菌が繁殖しやすく、肌がふやけて刺激にも弱くなります。

スカートの場合は汗をかいたらこまめに拭き取る、ズボンの場合でもトイレに行ったタイミングで除菌シートで拭くなど、膝の裏を清潔に保つことでかぶれにくくなりますよ。

痒くなっても掻かずに汗や雑菌を拭き取って対応しましょう。

ただし拭きすぎはNG!何度もこすることが肌の刺激になりますし、除菌をやりすぎて肌の常在菌まで減らしてしまってはダメです。汗だけを拭き取るようにしましょう。

もともと、身体から出たばかりの汗に雑菌はいません。汗の水分によって皮膚表面の菌が繁殖することで嫌な臭いや肌荒れが起きるので、なるべくそうなる前に汗だけを拭き取りましょう。

実はレギンスを着ている方が汗をかきにくい

そんなにしょっちゅう膝の裏を拭けないよ…、と思った方にこそ、綿100%レギンス、シルク100%レギンスがオススメです!

余計に汗をかく?いえいえ、そんなことないんです。

通気性、吸水性の良い天然繊維のレギンスが汗を少量のうちに吸い取って乾燥させてくれるので、汗が溜まりにくいんです。

何も着けない方が乾きやすいイメージがあるかもしれませんが、実はそうではありません。

洗濯物でも濡れた衣類1枚だけ干す場合と隣に乾いた衣類を干す場合だと、乾いた衣類がある方が早く乾きます。これは乾いた衣類が濡れた衣類の水分を吸い取ってくれるからなんです。

室内干しの洗濯物の下に丸めた新聞紙を置くと早く乾いたり、タオル越しにドライヤーを当てると早く髪が乾く裏ワザと同じ原理ですね!

レギンスがある方が乾きやすい

ズボンを履いていても原理的には同じですが、素材や厚みによって乾きやすさに差はあります。

化学繊維は汗を吸収しにくかったり、ジーンズは厚くて乾きにくかったりとデメリットもあります。

膝裏のかぶれ、汗疹でお悩みの方は、ぜひお肌に優しい綿100%レギンス、シルク100%レギンスを活用してください♪

綿100% 10分丈レギンス

綿100%エアリーガーゼ 10分丈レギンスはこちら>>>

シルク100%フライス 10分丈レギンス

シルク100% 10分丈レギンスはこちら>>>

シルク100%フライス 7分丈レギンス

シルク100% 7分丈レギンスはこちら>>>

内側シルク外側コットン もんぺパンツ

シルクコットンもんぺパンツはこちら>>>

ただしレギンスが乾く間もないくらい汗をかき続けている場合は効果がないのでご注意ください。

そういう時は汗が止まってから除菌シートでしっかり拭き取りましょう!

その他のレギンス一覧はこちら>>>