女性の浴衣に最適な下着とは?迷ったときの選び方をご紹介!

女性の浴衣に最適な下着とは?迷ったときの選び方をご紹介!

夏祭りや花火大会に浴衣を着て出かけたい「浴衣女子」必見!

浴衣を着るとき、下着はどうすればいいか悩みませんか?
「浴衣や着物のときは、下着・肌着を着けないのが正装」説もありますが、本当に下着肌着はいらないのでしょうか?

本日は、浴衣に最適な下着とは?というお話です。

浴衣 下着

浴衣を着るとき、下着は必要?

昔、浴衣は、お風呂上りに着る「湯上り着」として、パジャマのような感覚で身に着けるものでした。浴衣で外を出歩くことがなかったため、下着をつけない習慣だったようです。

しかし現在は、浴衣で外出することが前提のため下着は必要です。

下着をつけるメリット

着崩れ防止

お祭りなどで歩き回っていると、浴衣がはだけてきてしまった経験はありませんか?
下着をつけることで、生地がズレにくくなり、着崩れを防いでくれます。

汗対策

浴衣を着ると、帯で締めつけられて熱がこもるので、かなりの汗をかきます。
特に、花火大会など人が多くて蒸し暑い場所では、余計に汗をかきやすいです。
下着で吸汗発散することで、不快な汗蒸れ、ニオイ対策にもなります。

透け防止

浴衣の生地は薄く透けやすいことが多いです。白や淡い色の浴衣は特に透けやすいので要注意。
下着を着ることで、透け防止になります。

浴衣用(和装用)下着は必要?

肌襦袢(はだじゅばん)といわれる和装用の肌着があるのをご存知でしょうか?
浴衣の下に肌襦袢を着ると、全体のシルエットがきれいになり、着崩れ防止にもなります。

浴衣 下着

しかし、普段、着慣れていない人が1枚多く着ることで、いつもより暑く感じてしまい、熱中症など体調が悪くなってしまうことも…。

1年に1回着るか着ないかの浴衣。できれば、普段も使える下着で代用できるとありがたいですよね。

浴衣に最適な下着を選ぶポイント

【下着の素材】
暑い季節に着る浴衣の下着には、吸水性、放湿性の高い素材が最適です。
特に、天然素材のコットン(綿)シルク(絹)なら、やさしく体温調節をサポートしてくれるため、冷房による汗冷え対策にも効果的です。

【下着の色】
下着の色や柄が透けないように、無地で肌に近い色を選びましょう。ベージュ、モカ、薄いグレー、薄いピンクがおすすめです。
『意外に透けない下着・インナー・ブラの色って?』コラムもご参照ください。

浴衣が似合う体型とは?

浴衣は着物と同じく、身体の凹凸がない体型の方が、きれいに見えます。悪く言うと寸胴体型ですが、浴衣の時はあえて胸を抑えたりして寸胴を目指しましょう。

寄せて上げるタイプの胸を大きく見せるブラジャーは逆効果。浴衣の時につけると太って見えたり、老けて見えてしまいます。
浴衣が似合わなくなるだけではなく、着崩れもしやすくなります。

浴衣 下着

浴衣に最適なブラジャーを選ぶポイント

バストを適度にホールドし、自然なシルエットにしてくれるノンワイヤーのソフトブラ、ナイトブラ、スポーツブラなどが最適です。
ブラパッド内蔵タイプは、ボリュームの調整ができず、また熱がこもって暑くなる原因になるため、なるべくパッドを取り外せるタイプがおすすめ。胸元からレースや装飾が見えないよう、シンプルなものを選びましょう。

おすすめブラジャー

スーピマコットン 超立体ハーフトップソフトブラ

超立体ハーフトップソフトブラ

シルクベアフライス ブラトップ

シルクベアフライスブラ

スーピマコットン サポートリラックス ソフトブラ

スーピマコットン サポートリラックス ソフトブラ

浴衣に最適なショーツを選ぶポイント

浴衣を着ると、後ろの生地が1枚になり、より透けやすい状態になるため、ショーツラインが出にくいものを選びましょう。
ウエストまである深ばきタイプは、帯と重なってしまい、トイレのとき着崩れる原因になるため、帯よりも下のラインにくる丈を選ぶと安心です。

縫い目がフラットなシームレスタイプを選ぶときは、ショーツがずり上がって逆にラインが目立ってしまう場合があるため、注意が必要です。
また、Tバックのように生地が少なすぎるものも、汗で浴衣が肌に直接張り付き、着崩れる原因になってしまうため避けた方が良いでしょう。

おすすめショーツ

ラッピングヒップショーツ

ラッピングヒップショーツ

無縫製シルクショーツ

シルクのショーツ

浴衣に最適なインナーを選ぶポイント

汗対策のためには、ブラとショーツだけではなく、やはりインナーを着た方が効果的です。
ブラの代わりに、カップつきのキャミソールやタンクトップで代用するのもおすすめ。
ひざ丈くらいの、薄いペチコートやレギンスをはくと、ショーツの透け防止、太ももの汗による張り付き防止など万能です。

おすすめインナー

シルク100%フライス カップ付きキャミソール

シルクインナーキャミ

シルク100%フライス カップ付きタンクトップ

シルクインナータンクトップ

シルク ペチパンツ

シルクペチパンツ

シルク100%フライス 7分丈レギンス

シルク7分丈レギンス

まとめ

浴衣を着るときの下着選びのヒントになりましたでしょうか?
汗をかきやすい暑い季節に、普段着慣れない浴衣を着ると、疲れてしまう人が多いと思います。
自分にぴったりの浴衣に最適な下着を選んで、快適で楽しい夏の思い出がつくれますように…♪

浴衣 下着