フィットするレギンス ゆるゆるレギンス 違いは何!?

フィットするレギンス ゆるゆるレギンス 違いは何!?

フィットするレギンス ゆるゆるレギンス 違いは何!?

今年の春夏トレンドの一つにレギンスがあります。

特にコンバースのスニーカーやサンダルと合わしてカジュアルに着用する人がおおいようですね。

素材もコットン100%リブ編みのものやスラブコットンなど天然素材のものが人気です。

ボディヒンツは下着屋さんなのでコットン100%やシルク100%などの天然繊維100%のレギンスが人気です。

特にシルク100%は重ね履き冷え取り健康法をされている方にとても人気で、この季節のパジャマ代わりにも大活躍です。

 

ただ、ときどき外用に着用したいのですが無理ですか??・・・との声をいただきます。

ではレギンスの定義としておそと用と おうち用って何が違うのでしょう??

【レギンスの定義1】レギンスとは

Wikipediaによると

今日の日本では、明確な定義は無いものの、丈が膝より上で、スポーツやインナーウェア用途で着用されるものをスパッツ、丈が膝下~足首までで、アウターウェア用途として着用されるものをレギンスと呼ぶ傾向にある。本来はスパッツもレギンスも同じ衣類の名称である。タイツ・ストッキングと同じような素材で作ったものが多い。形状や役割は股引(ももひき)に近い。 このため、正装に用いられることはなく、あくまでカジュアルとして活用されることが多い。野球などのユニフォームに使うアンダーソックスのようなそこの抜けた形になり、共布あるいは紐で土踏まずの部分に引っ掛けて留めるようになっているものはトレンカと呼ばれ区別される。

【レギンスの定義2】おうち用レギンス(インナーレギンス)とは

 

おうち用とはインナーウエア用途のレギンスです。wikipediaにもあるように昔でいうスパッツですね。

ボディヒンツで販売しているレギンスはこのタイプが多いです。

またシルクやコットンなど天然繊維100%のタイプは耐久性や見た目からもおうち向きです。

タイトルにある、ゆるゆるレギンスはこちらのタイプですね。

厚み
透けるものからアウターのような厚みのあるものまで。
見た目
インナー用途のため、見た目はゆったりしている。
メリット
価格が手ごろ。
天然素材のものが多いので肌への負担が少なく、長時間着用していても負担に感じない。
デメリット
見た目がすっきりしていない。そのまま外には出にくい。

わたしもボディヒンツのシルクレギンスをパジャマ代わりや寒いときのボトム下に重ね履きなど、とても愛用していますが1枚で外にでるのはすこし心もとないです。タイツ屋さんで見かける生地の厚み指数・デニール数(本来合成繊維で使う表示です)で表すと80デニールから110デニールくらいの厚みです。

もちこコーデはこちら▼(天然繊維100%は長時間着用するとすこし膝小僧部分が弛みます。)

 

シルク100% 140双天竺 レギンス
シルク100% 140双天竺 レギンス

 

モデルMIKIさん着用はこちら▼(天然繊維100%は着用すぐはピタッと自然なフィット感がありますが日常動作で多少ゆるくなります。)

 

シルク100%フライス レギンス
シルク100%フライス レギンス

【レギンスの定義3】おそと用レギンス(アウターレギンス)とは

おそと用とはアウター、ファッション用途のレギンスです。丈が膝下~足首まである見た目がすっきりしたカジュアルなデザインが多いです。

靴下屋さんやファッション専門店で販売されているのはこのタイプが多く、天然繊維100%のものは少なく、中に特殊弾性糸(ナイロンやポリウレタン)が入っており脚のラインにフィットするタイプがほとんどです。

タイトルにあるフィットするレギンスはこちらのタイプですね。

昨日のともちんコーデ
昨日のともちんコーデ

▼こちらは先日新入荷しましたシルクレギンスです!こちらは弾性糸が裏糸に入っているため、肌に当たる部分はシルクですが、着用感はスキッとアウターに向いています。(厚みがしっかりあり、110デニールはあるとおもいます。)ぜひ天然繊維シルクでおそとにはけるレギンスをお探しのかたはこちらがおすすめです。

毛玉もできにくいですよ。

【新入荷しました!】シルクストレッチレギンス
【新入荷しました!】シルクストレッチレギンス

 

 

厚み 透けるもの(ストッキングの類)からさまざまなファッション用途やスポーツ用途に応じてデニムライクなものまでさまざま
見た目 弾性糸が入っていたり、糸が太くしっかりしているため見た目がすっきり
メリット ファッション用途のため見た目が一番のメリット
デメリット 価格が高い。身に着けている感(フィット感)が強いため長時間の着用は身体に負担なこともある。

 

以上今日は フィットするレギンス ゆるゆるレギンス 違いについて考えてみました。

レギンスは本当に年間人気で着用感の問い合わせも非常に多く、違いの説明をつどつどさせていただいたのですが、そのまとめ的なブログになりました。

ぜひご参考によろしくお願いします。

ボディヒンツのレギンス一覧はこちらから

今年の夏もレギンス大活躍でファッションを楽しみましょー♪